コラム|月寒中央駅で歯科をお探しの方はやまぐち歯科こども歯科まで

〒062-0020
北海道札幌市豊平区月寒中央通7丁目6-20
JA月寒中央ビル5階

011-855-3722

診療時間
9:30~19:00

:9:30~17:00まで
休診日:日曜・祝日
※お昼休みは特に設けていません。

コラムcolumn

歯周病が疑われる症状について

皆さんこんにちは。

やまぐち歯科こども歯科です。

 

歯周病は「自覚症状に乏しい病気」ですが、実際は特徴的な症状が多々認められます。

 

そこで今回は「歯周病が疑われる症状」についてわかりやすく解説します。

 

歯肉炎の症状

歯周病は、歯肉炎(しにくえん)と歯周炎(ししゅうえん)の2つに大きく分けることができます。

 

比較的軽度の歯周病である歯肉炎では、「歯茎だけに病気の症状」が認められます。

 

具体的には、「歯茎が赤く腫れ」、歯磨きをしたあとに「歯茎から血が出たり」するなどの症状が現れます。

 

最もポピュラーな症状であり、心当たりのある方も多いのではないでしょうか

 

歯周炎の症状

中度から重度の歯周病は、歯周炎へ移行します。

 

歯茎だけではなく、歯根膜や歯槽骨といった「歯周組織全体にまで感染が広がり」、炎症反応が生じる病態です。

 

その結果、「歯がグラグラ動く」、「噛んだ時に違和感が生じる」、「歯茎に膿の塊ができるな」ど、多彩な症状が認められるようになります。

 

とくに、歯がグラグラする場合は、歯を支えている歯槽骨が破壊されてしまっているので、かなり重症化していると考えた方が良いです。

 

歯周病はなぜ自覚しにくい?

冒頭でも述べたように、歯周病は自覚しにくく「沈黙の病気」と呼ばれることもあります。

 

歯肉炎や歯周炎の症状を考えると、容易に自覚できそうなものですが、やはり「痛み」という強い症状が現れないのが大きなポイントといえます。

 

むし歯もそうですが、日常生活に支障をきたすような症状でなければ、なかなか自覚できない、あるいは歯医者さんに診てもらおうとは思わないのが現実なのです。

 

まとめ

このように、歯周病では進行度に応じてさまざまな症状が現れます。

 

上述した症状のうち、ひとつでも認められる場合は歯周病が疑われますので、早急に当院までお越しください。

 

歯周病検査を実施したのち、適切な治療法をご提案します。

 

もちろん、歯周病ではない可能性も考えられるため、いずれにしても歯医者さんで診断を受けることが大切です。


ページトップへ