コラム|月寒中央駅で歯科をお探しの方はやまぐち歯科こども歯科まで

〒062-0020
北海道札幌市豊平区月寒中央通7丁目6-20
JA月寒中央ビル5階

011-855-3722

診療時間
9:30~19:00

:9:30~17:00まで
休診日:日曜・祝日
※お昼休みは特に設けていません。

コラムcolumn

子どもの矯正治療を受ける時期について

皆さんこんにちは。

やまぐち歯科こども歯科です。

 

子どもに矯正治療を受けさせてあげたいけれど「適切な時期がわからない」という親御さまは意外に多いものです。

 

小児矯正は、適切な時期を逃してしまうと、治療による効果も大きく減少します。

 

そこで今回は、「子どもの矯正治療を受ける時期」についてわかりやすく解説します。

 

6歳くらいがひとつの目安?

小児矯正を始める時期として、ひとつの目安となるのが「6歳臼歯」です。

 

6歳ごろに生えてくる最初の永久歯であり、そこから「混合歯列期」が始まるからです。

 

乳歯と永久歯が入り乱れる混合歯列期になると、第一期治療の目的である「土台作り」が適切に進んでいきます。

 

つまり、顎の骨の発育を正常な方向へと促せるようになるのです。

 

早い時期に治療が必要となることもある

例えば、3歳児検診などで「受け口を指摘」されたとしましょう。

 

それが正常な発育を大きく逸脱するものであれば、早期に小児矯正を開始する必要があります。

 

下の顎の骨の異常」というのは、できるだけ早い時期に改善した方が良いからです。

 

適切な治療の時期を逃すと、「反対咬合や下顎前突」といった、骨格的な異常に由来する不正咬合に悩まされることとなります。

 

第二期治療は12歳くらいから

歯並びを細かく整えていく第二期治療は、「12歳くらい」からが対象なります。

 

具体的には、「顎の骨の発育が完了」してからなので、子どもによっては15歳が適齢期の場合もあります。

 

ですから、第二期治療を始める時期についても、主治医としっかり相談しながら決めていくことが大切です。

 

ちなみに、第二期治療はワイヤー矯正やマウスピース矯正が該当するので、成人になってからでも施術を受けることができます。

 

まとめ

このように、子どもの矯正治療は、第一期と第二期で施術を受ける適切な時期が異なります。

 

また、個々人によってもベストなタイミングは変わってきますので、まずはお気軽に当院までご相談ください。

 

日本矯正歯科学会の認定医がカウンセリングいたします。


ページトップへ